エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

毛表皮(もうひょうひ)

毛表皮とは、毛髪を構成している層の1つで、キューティクルと呼ばれる細胞「毛小皮(もうしょうひ)」によって形成されています。

毛髪の主成分はケラチンというたんぱく質で、毛表皮、毛皮質(もうひしつ)、毛髄…

»詳細を見る

細胞膜複合体(さいぼうまくふくごうたい)

細胞膜複合体とは、毛髪内に存在する成分の1つです。

毛髪は外側から毛表皮(もうひょうひ)、毛皮質(もうひしつ)、毛髄質(もうずいしつ)の3層によって構成されていますが、細胞膜複合体はそれぞれ全ての層に存…

»詳細を見る

毛髄質

毛髄質とは、毛髪を構成している層の1つです。

メデュラという別名もあります。毛髪の中心部分に存在し、2~3列に並んだ多角形の髄細胞によって作られています。太さが0.09mm以上の毛髪には必ず含まれていますが、0.06mm未満の…

»詳細を見る

ジスルフィド結合(じするふぃどけつごう)

ジスルフィド結合とは、毛髪を構成しているたんぱく質に含まれているアミノ酸の結合のことで、シスチン結合とも呼ばれています。

毛髪の主成分であるケラチンはシステイン、セリン、グルタミン酸といったアミノ酸…

»詳細を見る

白髪(しらが)

白髪とはメラニン色素が衰えて、色のない状態になった毛髪のことです。

髪の色を作っているのは皮膚と同じくメラニン色素ですが、メラニン色素を生成しているメラノサイトは、加齢や病気などが原因で減少すること…

»詳細を見る

埋没毛(まいぼつもう)

埋没毛とは、脱毛や除毛処理後に皮膚内で発毛し、成長して体外に出た体毛のことです。「埋もれ毛」あるいは「埋まり毛」とも呼ばれています。

埋没毛は、毛抜きやカミソリでムダ毛を処理すると、特に発生しやすい…

»詳細を見る

硬毛(こうもう)

硬毛とは、毛髪や体毛が硬くて太い状態のことです。

一般的に毛髪は、硬毛と軟毛の2種類に分けられます。本来であれば乳児期から思春期にかけて、成長とともに細く柔らかい軟毛が太くてコシのある硬毛に変化してい…

»詳細を見る

軟毛(なんもう)

軟毛とは、毛髪や体毛などが柔らかく細い状態のことです。

軟毛は直径が30μm以下で、メラニン色素が少ないために色も薄くなっています。乳児期の頭髪は軟毛がほとんどです。またほぼ全身を覆っていて「産毛」ともい…

»詳細を見る

毛乳頭(もうにゅうとう)

毛乳頭とは、毛根の底にあるくぼみのことです。

この部分には神経や毛細血管が集中し、毛細血管を通じて送り込まれたビタミン、ミネラル、アミノ酸などの栄養分を受け取ります。そして受け取った栄養素や酵素を、…

»詳細を見る

毛母細胞(もうぼさいぼう)

毛母細胞とは、毛髪を作りだす働きのある細胞のことです。

毛の一番深い部分にある毛乳頭(もうにゅうとう)の周囲に存在し、毛乳頭を通じてビタミンやアミノ酸などの栄養分を受け取ります。そして細胞分裂を繰り…

»詳細を見る

毛根(もうこん)

毛根とは、毛髪のうち、皮膚の内部に存在している部分の総称です。

毛細血管を通じて栄養分を受け取り発毛の指令を出す毛乳頭(もうにゅうとう)や、細胞分裂を繰り返して、やがて毛髪そのものに成長していく毛母…

»詳細を見る

毛幹(もうかん)

毛幹とは、毛髪のうち、頭皮から外に出ている部分のことです。

毛幹の中央には毛髄質(もうずいしつ)があり、うろこ状のキューティクル(毛小皮)が重なってできている毛皮質(もうひしつ)に包まれています。約18…

»詳細を見る

リンス(りんす)

リンスとは、シャンプー後に使用する髪をなめらかにするヘアケア剤のことです。

シャンプーに含まれている石鹸のアルカリ分を中和させることで、髪をしなやかにします。直接髪につけてすすぐ使い方が主ですが、お…

»詳細を見る

トリートメント(とりーとめんと)

トリートメントとは、有効成分を毛髪の内部に浸透させて、ダメージを和らげる働きのあるヘアケア剤のことです。

髪の内部にある毛皮質(もうひしつ)の損傷した部分に、たんぱく質を補給します。トリートメントは…

»詳細を見る

ヘアマニキュア(へあまにきゅあ)

ヘアマニキュアとは、毛髪の表面だけを着色する酸性の半永久染毛料のことです。

分類上は化粧品にあたります。毛髪内のたんぱく質が帯電し、イオン結合することによって髪の色を変えていきます。また無色で髪にツ…

»詳細を見る

ヘアカラー(へあからー)

ヘアカラーとは、毛髪内部のメラニン色素を脱色したのち、着色していく染毛剤のことです。

分類上は医薬部外品にあたります。色は約2ヵ月持続し、シャンプーをしても、退色しません。使用前の皮膚のパッチテストは…

»詳細を見る

パーマ(ぱーま)

パーマとは、電気の熱や薬液で毛髪の形を変えることです。

正確にはパーマネント・ウェーブといいます。かけ方や髪質にもよりますが、1ヵ月以上はそのスタイルを持続させることができます。パーマは美容院や理髪…

»詳細を見る

ヘナ(へな)

ヘナとは、植物が主成分の染毛料です。

ヘナは西アジア地方に自生しているミソハギ科の低木で、その歴史は古く、古代エジプトでは葉を乾燥して粉末化したものが毛髪や爪、唇などを着色する化粧品として利用されて…

»詳細を見る

頭皮(とうひ)

頭皮とは、髪の毛が生えている部分の皮膚のことです。

その表面には、他の皮膚と同じように、皮脂と汗が混じった天然の脂肪膜が作られています。何らかの原因で皮脂分泌が増えると、この脂肪膜は厚くなってベタつ…

»詳細を見る

増毛(ぞうもう)

増毛とは、人工の毛髪を自毛に結びつけて髪の量を増やすことです。

増毛専門のサロンや理髪店で施術を受けることができます。1本の自毛に数本の人工毛髪を直接結びつける他、透明な糸に数十本単位の人工毛髪を付け…

»詳細を見る

ヘアーウィッグ(へあーうぃっぐ)

ヘアーウィッグとはかつらの1種で、女性向けのファッション性を重視した商品を差すことが多いようです。

使用されている毛髪が人工毛のもの、人毛のもの、人工毛と人毛のミックスの3種類があります。女性用ウィッグ…

»詳細を見る

ヘアーピース(へあーぴーす)

ヘアーピースとは、部分かつらのことです。

主に、頭頂部や生え際など頭髪の一部分にボリュームを持たせたり、毛が薄くなっている部分をカバーするために用いられます。

色や毛量の種類は豊富で、ストレート…

»詳細を見る

毛髪診断テスト(もうはつしんだんてすと)

毛髪診断テストとは、毛髪の状態をチェックすることで、毛髪そのものはもちろん頭皮の血行や栄養の状態にいたるまでを診断することです。

これによって脱毛やダメージの原因を追及し、よりよいお手入れ方法を考え…

»詳細を見る

発毛促進(はつもうそくしん)

発毛促進とは、毛髪が薄くなった際に、新たな毛髪が生えてくるようにするために行うケアのことです。

一般的には、部分的に薄毛が目立っていたり、脱毛症によって頭皮が剥き出しの状態になっている人が行っていま…

»詳細を見る

フケ(ふけ)

フケとは、頭皮から出る白いうろこのような老廃物のことです。

人間の皮膚は弱酸性ですが、シャンプーに含まれている界面活性剤の多くは塩基性物質です。そのため頭皮につけると中和されて、皮膚が本来持っている…

»詳細を見る

ヘアサイクル(へあさいくる)

ヘアサイクルとは、髪が抜けてから、また生えてくるまでの周期のことです。

毛周期(もうしゅうき)という場合もあります。人間の頭髪は、年齢や性別、季節によって異なりますが、平均すると10万~15万本あるといわれ…

»詳細を見る

異常脱毛(いじょうだつもう)

異常脱毛とは、頭髪が大量に抜け、新しい髪が生えてこない状態のことです。

健康な毛髪や身体の場合、ヘアサイクルは正常に保たれていて、一定の期間で一定の量の髪が抜け、また生え変わるようになっています。そ…

»詳細を見る

円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)

円形脱毛症とは、頭部の円形に脱毛した部分が拡大していく症状のことです。

大きさは10円玉程度ですが、抜けている部分の周りの毛を軽くひっぱると抜けたり、むくみや黒い斑点が見られるようであれば、症状が進行中…

»詳細を見る

毛髪技能士(もうはつぎのうし)

毛髪技能士とは、育毛や毛髪に関して豊富な知識を有していると認められた技術者のことです。

民間団体「国際毛髪科学研究会」が主催するセミナーに参加し、内容を修得したうえで研究会に入会すると名乗ることがで…

»詳細を見る
スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.