エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ニキビ痕(にきびあと)

ニキビ痕とは、ニキビが炎症を起こして皮膚組織を破壊した状態のことです。

ニキビができてもそのまま放置していたり、適切でないスキンケアや治療を行うと炎症を進ませる場合があります。その他、肌につける衣服…

»詳細を見る

炎症ニキビ(えんしょうにきび)

炎症ニキビとは、症状が悪化して腫れや痛みを伴うようになったニキビのことです。

ニキビが炎症を起こすのは、毛穴に溜まった皮脂が増加して、アクネ菌が増殖することによって、皮膚の免疫機能が発揮されるためと…

»詳細を見る

白ニキビ(しろにきび)

白ニキビとは、初期段階でできる白く見えるニキビのことです。

毛穴が開いて中が見えて黒い状態になっているニキビは黒ニキビ、毛穴が閉じている状態のものは白ニキビと呼ばれています。

白ニキビができると…

»詳細を見る

シミ(しみ)

シミとは、皮膚内で作られるメラニン色素が皮膚の表面に沈着してできた黒い点のことです。

シミの種類のうち、ソバカス、肝斑(かんぱん)、花弁性色素沈着(かべんせいしきそちんちゃく)の3種は紫外線の影響で…

»詳細を見る

クマ(くま)

クマとは、くすみの一種で目の周辺によく見られるものです。

目の周りには多数の毛細血管があり、血液によって目に栄養や酸素を送り込んでいます。

しかし、血行が悪くなると、目の周りの皮膚から毛細血管が…

»詳細を見る

くすみ

くすみとは、さまざまな原因で肌色が冴えず、やや黒ずんでいるように見える状態のことです。

くすみは誰にでも起こる現象といえます。たとえば洗顔後の肌は透明感があり、白く見えますが、時間がたつにつれて透明…

»詳細を見る

ソバカス(そばかす)

ソバカスとは、紫外線の当たる部位にできる淡い茶色の小さなシミです。

小豆粒程度の大きさで、炎症はありません。医学的には「雀卵斑」(じゃくらんはん)といいます。ソバカスは色白の人にできやすいことが分か…

»詳細を見る

たるみ

たるみとは、皮下の筋肉が下垂してしまっている状態のことです。

特に顔は、表情を作る表情筋と呼ばれる筋肉が張り巡らされているため、たるみやすくなっています。

加齢によって肌の弾力を作るコラーゲンや…

»詳細を見る

乾燥肌(かんそうはだ)

乾燥肌とは、外的または内的要因によって水分が不足した状態にある肌のことです。

皮膚の内部では皮脂膜と呼ばれる皮脂と汗の水分が混ざった天然の保湿成分が作られ、肌の表面を覆っています。

この保湿成分…

»詳細を見る

肝斑(かんぱん)

肝斑とは、シミの一種で、頬や額にかけて左右対称に広がっています。

色が淡い茶色で、肝臓に似ていることから、その名がつきました。まぶたにはできないため、下まぶただけが白く映り、眼鏡をかけているように見…

»詳細を見る

脂浮き(あぶらうき)

脂浮きとは、皮脂の分泌が活発になりすぎて、皮膚の上に皮脂があふれている状態のことです。

特に額や鼻にかけてのTゾーン周辺によく見られます。脂浮きがしやすいのは、もともと皮脂の分泌量が多いオイリー肌の…

»詳細を見る

小じわ(こじわ)

小じわとは、乾燥が原因で表皮部分にできる細かいしわのことをいいます。

別名「ちりめんじわ」ともいわれます。目元や口元など、表情を動かす筋肉が集まっていて、常に動いているような部分に小じわはできやすく…

»詳細を見る

色素沈着(しきそちんちゃく)

色素沈着とは、皮膚内のメラニン色素がターンオーバーによって排出されず、顔などの部位または全身に蓄えられて、黒ずんでいるように見えることです。

肌のくすみやシミ・そばかすをもたらすこともあります。色素…

»詳細を見る

吹き出物(ふきでもの)

吹き出物とは、皮脂や古い角質などが毛穴に詰まり炎症を起こしている状態のことです。

ニキビと同じものですが、一般的には思春期以降のニキビは吹き出物と呼ばれています。

皮膚にはさまざまな菌が生息して…

»詳細を見る

赤ら顔(あからがお)

赤ら顔とは、顔の皮膚の赤みが強く、常に紅潮しているように見えることです。

皮膚が薄い人や、血流が悪い人には特に目立ちます。赤ら顔の第一の原因は、うっ血です。緊張や温度変化により拡張した毛細血管に大量…

»詳細を見る

日焼け(ひやけ)

日焼けとは、紫外線を浴びたことによって肌が元の色より黒くなることです。

紫外線には波長の長さが違うA波とB波とC波がありますが、皮膚内にあるメラニン細胞の働きを活発化して、肌を黒くする効果があるのはB波です…

»詳細を見る

敏感肌(びんかんはだ)

敏感肌とは、温度差やちょっとした刺激でトラブルを起こしやすい肌のことです。

皮膚内に水分を保つ能力が低く、皮膚表面の皮脂膜が不足しているため、外部からの刺激に弱くなっています。

敏感肌では、角質…

»詳細を見る

法令線(ほうれいせん)

法令線とは、鼻の両脇から唇の両端にかけて伸びているハの字型の2本のシワのことです。

医学的には「鼻唇溝」(びしんこう)と呼びます。口を開ける時に必ず折れ曲がる部分であるため、シワが刻まれやすいといわれ…

»詳細を見る

顔のぜい肉(かおのぜいにく)

顔のぜい肉とは、体重の増加などに伴って顔についてしまった脂肪のことです。

特に頬やあごは脂肪がつきやすい部位です。この部分にぜい肉がつくと、脂肪の重さによって垂れ下がり、顔の中心から口元までのライン…

»詳細を見る
スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.