エステ

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

小顔(こがお)

小顔とは、顔の幅が狭く、たるみやむくみなどが見られないことです。

顔は衣類で隠すことができないため、大きさがそのまま出てしまいます。また体重の増減が現れやすい部分でもあります。顔が小さいと、たとえ身…

»詳細を見る

顔上げ(かおあげ)

顔上げとは、皮膚のたるみやによって下がってきた部分やたまった贅肉を、マッサージなどで引き上げて小顔を作ることです。

顔上げの手法のなかでも、特に注目されているのが、韓国の民間療法をベースにした骨気(…

»詳細を見る

血流リンパ(けつりゅうりんぱ)

血流リンパとは、主に血液とリンパ液の流れを促すことによって、体内に溜まった老廃物を排出することをいいます。

血流リンパの施術は、リンパドレナージュの手法が取り入れられているため、エステティックサロン…

»詳細を見る

ストレス(すとれす)

ストレスとは、心身に加えられた要求に対して起きる反応の一種です。

カナダの学者ハンス・セリエが1935年に定義し、反応を引き起こす刺激を「ストレッサー」、それに反応し、歪みを起こした状態のことを「ストレス」…

»詳細を見る

デトックス(でとっくす)

デトックスとは、英語の「detoxification」の略で、「解毒」を意味します。

本来は、麻薬やアルコールの中毒症状を治療する意味で使用されますが、日本では健康や美容に用いられることが多いようです。

現代の食生活では、…

»詳細を見る

アポトーシス(あぽとーしす)

アポトーシスとは、外部からの障害を受けたわけではなく、遺伝子によって決定されたプログラムに従った細胞の死のことです。

たとえばオタマジャクシの尾はカエルに成長する過程でなくなっていきますが、これはア…

»詳細を見る

アポビオーシス(あぽびおーしす)

アポビオーシスとは、神経細胞や心筋細胞などの増殖しない細胞が、あらかじめ組み込まれたプログラムによって自然に死ぬことです。

「寿死」または「計画死」とも言います。アポビオーシスは遺伝学的には、細胞が…

»詳細を見る

ホメオスターシス(ほめおすたーしす)

ホメオスターシスとは、「生体恒常性」を意味します。

生体恒常性とは、温度の変化や刺激によって身体を取り巻く環境が変化しても生体の状態や性質が変化せず、一定の状態に保たれることです。

ホメオスター…

»詳細を見る

抗酸化物質(こうさんかぶっしつ)

抗酸化物質とは、酸化を防ぐ働きをする栄養素のことです。

人間は酸素を取り入れてエネルギーを生成しますが、その過程で一部の酸素が活性酸素を発生させます。活性酸素は本来、体内に侵入した細菌を排除する働き…

»詳細を見る

老廃物(ろうはいぶつ)

老廃物とは、エネルギー代謝の際に生じて余り、不要になった栄養やエネルギーなど物質のことです。

これらは通常、血液やリンパを通って、腎臓と肝臓で濾過された後、腸内に留まって尿などに形を変えて排出されま…

»詳細を見る

活性酸素(かっせいさんそ)

活性酸素とは、さまざまな原因によって原子の結びつきが不安定になっている酸素のことです。

本来であれば、酸素は酸素原子が2つ結びつき、両側の不対電子同士がペアを作るため安定しています。ところが一つだけ…

»詳細を見る

炭水化物(たんすいかぶつ)

炭水化物とは、炭素と水素と酸素でできた化合物のことです。

糖類または糖質ともいいます。炭水化物は脂質やたんぱく質と共に三大栄養素の一つです。炭水化物を加水分解して得られたものの最小の単位は単糖類とい…

»詳細を見る

ミネラル(みねらる)

ミネラルとは、地球上に存在する元素の中で、水素、炭素、窒素、酸素を除いたものの総称です。

別名無機質ともいいます。たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミンと共に5大栄養素の一つです。

代表的なミネラ…

»詳細を見る

ビタミン(びたみん)

ビタミンとは、体内で生成できない化合物ですが、成長や代謝に重要な働きをする物質のことです。

わずかな量で生理機能を発揮し、不足した場合は独自の欠乏症を起こします。ビタミンは現在約20種類に分類されていま…

»詳細を見る

たんぱく質(たんぱくしつ)

たんぱく質とは、アミノ酸が結合してできた高分子の化合物です。

たんぱく質を構成しているアミノ酸は20種類あり、これらの組み合わせによって10万種類のたんぱく質ができます。

たんぱく質の分子は非常に大きく…

»詳細を見る

メラニン(めらにん)

メラニンとは、皮膚が紫外線を受けると生成される色素のことです。

黒褐色のユーメラニン(真性メラニン)と、橙赤色のフェオメラニン(亜メラニン)があります。

メラニンは紫外線の刺激から細胞や皮膚を守…

»詳細を見る

ステロイド(すてろいど)

ステロイドとは、ステロイド環という構造を持った物質の総称です。

天然由来のビタミンD類などもステロイドにあたりますが、ホルモンとしての働きをするステロイドホルモンを指す場合が多くなっています。

男…

»詳細を見る

ホルモンバランス(ほるもんばらんす)

ホルモンバランスとは、女性ホルモンの働きを司る視床下部(ししょうかぶ)と下乗体(かすいたい)、卵巣の連携を意味します。

これらの器官が互いに働きかけて、女性ホルモンの分泌を行っていますが、そのバラン…

»詳細を見る

皮下脂肪(ひかしぼう)

皮下脂肪とは、皮膚の真皮の下にある皮下組織(ひかそしき)についている脂肪のことです。

皮下組織は、まばらに結合していて、多くの脂肪細胞を含んでいます。皮下脂肪は、外界との温度差から身体を守り体温を維…

»詳細を見る

免疫力(めんえきりょく)

免疫力とは、体内に病原菌や毒素などの異物が侵入した際に抵抗して打ち勝つ力のことです。

異物に反応する抗体を作って発病を抑える抵抗力を持つこともいいます。免疫力を司っているのは、免疫細胞と呼ばれるもの…

»詳細を見る

飽和脂肪酸(ほうわしぼうさん)

飽和脂肪酸とは、脂質の主要成分です。

脂肪酸はその分子構造における二重結合の数で分けられます。そのうち二重結合がなく、全ての炭素が単結合(飽和結合)しているものが飽和脂肪酸にあたります。

具体的…

»詳細を見る

不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)

不飽和脂肪酸とは、脂質の一種で、二重結合が見られる種類のことです。

この脂肪酸を多く含んだ油脂は、常温では液体になります。不飽和脂肪酸は一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分類されます。

多価不…

»詳細を見る

フェイスライン(ふぇいすらいん)

フェイスラインとは、輪郭のことで、顔の形そのものです。

一般的には、日本人は鼻が低く上下の顎が出ているため、顎のラインがシャープではなく、フェイスラインが丸く見えがちだといわれています。

また理…

»詳細を見る

大胸筋(だいきょうきん)

大胸筋とは、胸の上部を占め、前方の左右にある大きな筋肉のことです。

上腕部分の骨に付いているため、重いものを上部に持ち上げる際や、物を前方に押す際に使われます。

テニスや野球など球技を始め、砲丸…

»詳細を見る

表情筋(ひょうじょうきん)

表情筋とは、顔にあって目鼻や口を動かす働きをする筋肉のことです。

その種類は約30種類以上といわれ、相互に作用し合い複雑な表情を作ることができます。また身体にある筋肉は、骨と骨をつないでいますが、表情筋…

»詳細を見る

骨密度(こつみつど)

骨密度とは、一定の容積あたりに含まれている骨量(ミネラル分の量)の割合です。

骨の強度を計る指標になっています。骨は細胞成分とミネラル分、ミネラルが付着するコラーゲンなどのたんぱく質によって成り立っ…

»詳細を見る

骨量(こつりょう)

骨量とは、骨の中にあるカルシウムやリンなどを含んだミネラル分の量のことです。

骨塩量とも呼ばれています。骨は活発に新陳代謝を繰り返して、カルシウムを身体に供給しています。筋肉との関係が深く、やせ過ぎ…

»詳細を見る

甘皮(あまかわ)

甘皮とは、爪の根元部分を包んでいる薄い皮のことです。

別名キューティクルともいいます。甘皮は、爪を作り出している「マトリックス」という部分を保護する役割をしていますが、必要以上にあると、爪に必要な水…

»詳細を見る

有酸素運動(ゆうさんそうんどう)

有酸素運動とは、呼吸によって常に酸素を筋肉に行き渡らせる運動方法のことです。

具体的なものには、エアロビクスや水泳、ウォーキングなどがあります。短距離走や重量挙げなど瞬発力を必要とする激しい運動は、…

»詳細を見る

バイオプトロン(ばいおぷとろん)

バイオプトロンとは、太陽光線から紫外線を除去し、可視光線と赤外線だけを取り出して照射する機器のことです。

スイスの医療機器メーカー、バイオプトロン社が製造し特許を得ています。1960年代末からバイオプトロン…

»詳細を見る
Page 1 of 212»
スポンサード リンク
?エステコンテンツ一覧
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.